PR

 「ブログは,3年前と比べて60倍以上に増加している」。米Technoratiはブログに関する調査結果を米国時間2月6日に発表した。同社のDave Sifry氏が公式ブログに投稿した報告によると,同社が現在追跡しているブログの数は2720万あり,この数は5.5カ月ごとに倍増している。

 現在,1日あたり7万5000件以上のブログが新たに作成されている。立ち上げから3カ月後も書き込みを続けているブログは1370万件で,約270万件が少なくとも週に1度更新している。

 一方で,ブログに対するスパムや偽造トラックバックも増加している。ブログが更新されたという誤った通知を送るもので,サービス拒否(DoS)攻撃につながる可能性がある。「Technorati社が受けとるトラックバックのうち,このような偽造トラックバックが60%を占める場合がある」(同氏)

 また,新規ブログの約9%はスパムや機械作成,あるいはリンク・ファームやクリック詐欺を目的としたものだという。

◎関連記事
米Amazon.com,作家のブログを掲載する「Amazon Connect」を開始
「規約に違反すればアクセスを制限する」,米Microsoftがブログのポリシーを発表
「中国のブログ利用者は9カ月で2倍以上に」,中国の調査会社
「米国成人は新聞やTVなどのニュースを最も信用,チャットやブログ重視は半数未満」,米調査
「米企業CEOはブログのメリットを認識,ただし自身のブログ公開はわずか7%」,米調査
「企業の89%がブログを導入済み/導入予定,社内外の両面でメリット」,米調査
「ブログの目的は『自己セラピー』」,米AOLの調査
「ブログの普及で画像ホスティング・サイトのアクセス数が急増」,米調査

[発表資料へ]