PR

 ルクセンブルクのSkype Technologiesは,米Intel製プロセッサを搭載しているパソコンに限り,IP電話ソフトウエア「Skype 2.0」の同時通話可能人数を最大10人に拡大した。Skype社が米国時間2月8日に明らかにしたもの。

 対象となるのは,デュアルコア・プロセッサ・ベースのモバイル技術「Intel Centrino Duo」対応ノート・パソコン,「Intel Pentium D」または「Pentium Extreme Edition」搭載するデスクトップ・パソコン,およびIntel Viivに対応したパソコン。Skype社とIntel社は今後も技術面で協力を続け,Intel製デュアルコア・プロセッサ上で動くSkypeソフトウエアの機能拡充と,性能強化を進める。2006年後半には,Intel社のデュアルコア・プロセッサに最適化したビデオ通話機能の提供を予定している。

 さらに両社は,協力関係をパソコンにとどめず,PDAのようなモバイル機器,無線ネットワークWi-FiおよびWiMAXといったIntel社製プラットフォームも対象にするという。

◎関連記事
Skype社やGoogle社,世界規模のWi-Fiネットワーク構築を目指すスペイン新興企業に出資
日本でもSkypeIn,050番号をスカイプが提供へ
「ISPブランドのVoIPサービスがSkypeを抜く」,加Sandvine調査
「『Skype』のビジネスでの利用価値を認めるユーザーは70%」,米調査
「企業はSkypeの利用を禁止すべき」,カナダの調査会社が警告
米CiscoのLinksys,Skype用のコードレス・ハンドセットを発表
米eBayがルクセンブルグSkypeを買収へ,取引総額は最大約41億ドル
躍進するSkypeに立ちはだかる難題---既存事業者,ライバル,規制,そして買収

[発表資料へ]