PR

 米Motorolaが,携帯電話機に店頭での代金支払いやポイント・カードといった機能を持たせるシステム「M-Wallet Solution」を米国時間2月8日に発表した。M-Walletは2月13~16日にスペインのバルセロナで開催される3GSM World Congress 2006でデモ展示される。

 M-Wallet Solutionに対応した携帯電話機は,商品などを購入する際に店頭での支払いに利用できる。「場所や時間を問わず,安全かつ便利,迅速に支払いが行える。クレジットカードやデビットカードを財布に入れる必要がなくなる」(同社)。店舗側は,携帯電話機にポイント・カード機能を与えられる。

 同システムは,ユーザーと店舗がインターネットからダウンロードするアプリケーションと,各種登録/管理処理を行うデータセンター「Wallet Service Center」という2つのモジュールで構成する。GSM/CDMA/iDENという携帯電話方式に対応しており,Symbian/PocketPC/Palm/J2ME/BREW/SimTkプラットフォームで利用できる。

◎関連記事
米Motorola,携帯電話向けラジオ・サービスを次期「Rokr E2」より提供
米Motorola,“サイフ代わりになる”携帯電話の実地試験を年内に開始
「世界携帯電話出荷台数は2007年に10億台達成の見込み」,米調査
おサイフケータイのクレジット決済--3社が提供,課題は設備共用化
「2005年Q3の米国携帯電話販売は前年同期比30%増,首位は米Motorola」,米調査
セキュリティ団体TCG,携帯電話機セキュリティ仕様の策定計画を発表
ビットワレットの電子マネー「Edy」,利用している携帯電話機が100万台超える
「携帯電話機を使うモバイル・チケット市場は2009年に390億ドル規模」,英調査

[発表資料へ]