PR

 米Nielsen//NetRatingsは米国時間2月9日,米国における検索エンジンの利用動向に関する調査結果を発表した。およそ60種類の検索エンジンについて調査した結果,同月の検索回数は50億7000万回で前年同月の32億8000万回から55%増加している。この間に増加したインターネット・ユーザーの数は3%だけだった。

 トップの「Google」のシェアは前年比6%拡大して49%になった。「Yahoo! Search」と「MSN Search」のシェアはわずかに縮小している。

■2005年12月におけるトップ3検索エンジンの利用ランキングとシェアの推移
-------------------------------------------------------------
検索エンジン  04年12月シェア  05年12月シェア  前年比
-------------------------------------------------------------
Google     43.1%       48.8%       5.7
-------------------------------------------------------------
Yahoo! Search  21.7%       21.4%       -0.3
-------------------------------------------------------------
MSN Search   14.0%       10.9%       -3.1
-------------------------------------------------------------
出典: Nielsen//NetRatings社 MegaView Search(2006年2月)

 検索回数でみると,トップ3の検索エンジンはすべて前年同期比で2ケタ台の増加をみせている。Googleは75%増加して25億回の検索が行なわれている。Yahoo! Searchは53%増の11億回,MSN Searchも20%増加して5億5300万回だった。

■2005年12月におけるトップ3検索エンジンの検索回数(1000回)
-------------------------------------------------------------
検索エンジン  04年12月  05年12月  前年比
        検索回数  検索回数
-------------------------------------------------------------
Google     1,414,778  2,475,895 75%
-------------------------------------------------------------
Yahoo! Search  711,857   1,085,918 53%
-------------------------------------------------------------
MSN Search   460,377   553,476  20%
-------------------------------------------------------------
出典: Nielsen//NetRatings社 MegaView Search(2006年2月)

◎関連記事
検索エンジン全盛,トップはGoogle,米調査より
「2006年,最も利用されるアプリは『検索エンジン』に」,米調査
「検索エンジンにもの申す」,伝統的メディア業界がコンテンツ利用の対価要求を検討
「検索エンジンの“王座”はGoogleがキープ,Yahoo! Searchが猛追」,米調査

発表資料(PDF形式)