PR

 米Dow JonesのVentureOneが,米国ベンチャ投資に関する調査結果を米国時間2月9日に発表した。それによると,2005年における投資額は221億6000万ドルで前年比19%増となり,2001年以降で最も高い成長率だった。ただし2005年に成立した投資件数は108件で,2004年に比べ8件少ない。

 2005年第4四半期は,成立件数が20件,投資額が55億9000万ドル。前年同期より12件少ないが,金額は11%増えた。「技術市場のさらなるグローバル化と,競合相手よりも迅速に規模を拡大するためより多くの資金が必要なことから,投資家は多額の資金を出すようになってきた」(VentureOneグローバル調査担当ディレクタのSteve Harmston氏)

 そのほかの主な調査結果は以下の通り。

・2億5000万~4億9900万ドルの投資は全体の28%(前年は20%)

・5億~9億9900万ドルの投資は全体の8%弱で,成立件数は2001年以来最も多い

・1億ドル未満の投資は全体の43%で,1992年以来初めて50%を切った

◎関連記事
2005年のIT業界,それは「新時代最初の10年の中間点」
米IBMがベンチャ企業支援制度「4万件以上の特許を簡単に利用できる」
米国で注目あびるオープンソース・ベンチャー,大物が参加しVCも積極投資
米国のVCは今後5年間に海外への投資を増加する,投資対象の上位は中国とインド
「2005年Q1の欧州ベンチャ投資,取引件数は減少だが投資総額は19%成長」,米調査
「急増した2004年のソフトウエア業界の買収/合併,2005年の取引件数はさらに18%増へ」,米調査
「EU市民は米国人と比べ起業家精神が乏しい?」,EUの調査
「2004年Q3米国のベンチャー資本による企業の評価額は1300万ドル,5期連続で増加」

[発表資料へ]