PR

 米Microsoftは米国時間2月14日,オープンソースの企業向けアプリケーションを手がける米SugarCRMと技術提携することを発表した。提携は,Microsoft社のWindows Server製品とSugarCRM社のオープンソース・ソフトウエアにおける相互運用性の強化を目的としている。

 SugarCRM社は,次期CRMスイート「Sugar Suite 4.5」をMicrosoft社のソースコード開示ライセンス「Microsoft Community License(Ms-CL)」の下にリリースすることも明らかにした。同社によれば,顧客のおよそ35%がMicrosoft Windows Serverを利用している。新版ではWindows Server OSとの相互運用性が強化されるという。

 Ms-CLは,Microsoft社の「Shared Source Initiative」の一部。ソースコードの閲覧,改変,再配布が可能で,商用と非商用を問わず利用できる。SugarCRM社は,同ライセンスを採用する最初の商用オープンソース企業となる。

 両社は,提携を通じてSugarCRM製品のIIS(Internet Information Service)サポート強化,Active DirectoryとSQL Serverとの相互運用性を高める最適化に取り組む。また,Windows Installer XML(WiX)ツールを使ってWindows Server上にSugarCRMのインストールできるようにする。

 Microsoft社にとって商用オープンソース企業との技術提携は,前年9月に発表した米Jbossに続いて2社目となる。

◎関連記事
オープンソース・ベースのCRM新版「SugarCRM 4.0 日本語版」リリース,施設管理モジュールも公開
米SugarCRM,CRMソリューション「Sugar Suite 4.0」のベータ版を発表
米Microsoft,ソースコード開示ライセンスを3種類に簡素化
米Microsoftと米JBoss,Windows ServerとJavaミドルウエアの相互操作性強化で協力

発表資料へ