PR

 米Microsoftは米国時間2月13日に,無料のスパイウエア対策ソフト「Windows Defender」の「ベータ2」版を公開した。同社Webサイトからダウンロード可能。

 Windows Defenderはスパイウエアなどの不正ソフトウエアを検出して削除し,ユーザーのコンピュータをわずらわしいポップアップ表示や性能低下,セキュリティ侵害から保護する。不正ソフトウエア情報を自動的にアップデートするので,最新の脅威に対応できる。

 ベータ2では,新たなスキャニング・エンジンを採用し,性能の向上を図った。ユーザー・インタフェースを再デザインし,対応言語を拡充。強化した「Software Explorer」により,コンピュータ上のプログラムにわたる効率的な管理を実現する。また「Windows XP Professional x64 Edition」へのサポートを追加した。

 対応ブラウザは「Internet Explorer」のバージョン6.0以降。64Mバイトの空きメモリーが必要(推奨メモリー容量は128Mバイト)。

◎関連記事
Windows Vistaの第3回CTP版公開,「セキュリティと性能が大幅に向上」
米Microsoft,IE7向けセキュリティ強化の一部を公表
「米国人2670万人がスパイウエアによって個人情報をハッカーに提供」,米調査
「“高度化”するスパイウエア,駆除を試みるとPCをクラッシュさせるものも」---米Webroot
スパイウエアを消費者保護の観点から検討,米FTCが聴聞会を今秋開催へ
スパイウエア対抗団体ASC,リスク・モデリング文書の最終版を公開
スパイウエアの検知・分類に業界の力

[発表資料へ]