PR

 米Dell'Oro Groupは米国時間2月15日,2005年第4四半期における世界のEthernetスイッチ市場に関する調査結果を発表した。同社によれば,同市場の売上高と出荷台数の両方が3期連続で拡大した。同期はFixed Managed Fast Ethernetポートの出荷台数が大幅に増加して過去最高を記録している。

 同社Ethernetスイッチ調査担当ディレクタのSeamus Crehan氏は「Fixed Managed Fast Ethernetは成熟した技術であるのに関わらず,ベンダーが小規模企業,新興市場,サービス・プロバイダをターゲットとして低価格製品の提供を続けているため復活した」と説明している。

■2005年Q4のFixed Managed Fast Ethernetスイッチ世界市場のトップ5ベンダー

市場全体		2005年Q4
-----------------------------------
出荷台数		2430万台

ベンダー		順位
-----------------------------------
Cisco			1
HP ProCurve		2
3Com			3
Allied Telesyn		4
Nortel			5
-----------------------------------
出典:Dell'Oro Group

◎関連記事
Ethernet関連の団体「Ethernet Alliance」が発足,「すべてのIEEE802技術が活動対象」
ベル研が25Gbps伝送の共同実験に成功,「100GビットEthernet達成に向けて前進」
米Cisco,「Catalyst」Ethernetスイッチ製品を拡充
「世界Ethernetスイッチ市場とルーター市場は成長の見通し」,米調査
「都市型Ethernet装置の世界市場,2009年まで年平均26%で成長」,米IDCの調査

発表資料へ