PR

 米Microsoftが,これまで「Microsoft Office “12”」という開発コード名で呼んでいた次期オフィス・スイートの正式名称「2007 Microsoft Office」と製品構成,価格を米国時間2月15日に発表した。また新しいクライアント・アクセス・ライセンス(CAL)「Core CAL」「Enterprise CAL」というも明らかにした。

 2007 Microsoft Officeは現在ベータ1版を一部顧客およびパートナに提供している。ベータ2版は2006年の上半期中に,正式版は年末までに利用可能とする予定。

 ボリューム・ライセンスのみで提供する製品として,「Microsoft Office Professional Plus 2007」と「Microsoft Office Enterprise 2007」を設定する。前者は企業向けポータル・サーバー「Microsoft Office SharePoint Server 2007」およびインスタント・メッセージング(IM)クライアント「Microsoft Office Communicator」を含み,「組織内における情報管理とチームワークの改善を図る製品」(Microsoft社)という。後者は,前者に対してPtoPグループウエア「Microsoft Office Groove 2007」(関連記事)とメモ作成ソフトウエア「Microsoft Office OneNote 2007」を追加し,コラボレーションとモバイルの機能を拡張したとする。

 新製品の「Microsoft Office SharePoint Designer 2007」は,Webサイト構築ソフトウエア「Microsoft Office FrontPage 2003」をベースとするWebサイト設計ツール。SharePointによるWebサイトの構築や編集などが行える。

 サーバー製品としては,プロジェクト管理の「Microsoft Office Project Server 2007」「Microsoft Office Project Portfolio Server 2007」とフォーム管理の「Microsoft Office Forms Server 2007」のほか,Office Groove 2007用のサーバー「Microsoft Office Groove Server 2007」と「Microsoft Office Groove Enterprise Services」などを用意する。

 新しいCALのうち,Core CALは同日より提供する。これまで個別に提供していたライセンスをまとめ,「Windows Server」「Microsoft Exchange Server」「Office SharePoint Portal Server」「Systems Management Server」とっいた複数のサーバーに1つで対応可能とした。Enterprise CALは,Core CALに「Microsoft Operations Manager」「Microsoft Office Live Communications Server」「Windows Rights Management Services」「Microsoft Security」のライセンスを付加する。

 製品構成と価格の詳細は,Microsoft社のWebサイトに掲載している(関連記事)。

◎関連記事
米MS,「2007 Microsoft Office」のラインアップと価格を公表
米Microsoft,「Office Live」のベータ版を米国で提供開始
米Microsoft,「Office 12」ベータ版を一部の顧客やパートナに提供開始
【MDC2006】開発中の「Office 12」を披露,国内では初めて
徐々に姿を現すOffice次期版---注目を浴びるXML文書形式の採用
【CRYPTO-GRAM日本語版】OpenDocument形式とマサチューセッツ州
米Microsoftが「Office 12」でBI機能拡充,企業データの分析を容易に
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由

[発表資料へ]