PR

 中国の調査会社Analysys Internationalは現地時間2月16日,2005年第4四半期における中国ノート・パソコン市場に関する調査結果を発表した。それによると,同市場のノート・パソコン出荷台数は前期比44.4%増の103万台,出荷高は同24.6%増の84億2000万元(10億5000万ドル)となった。ただし競争激化により価格戦争が生じているため,利益率は減少しているという。

 出荷台数の内訳は,企業ユーザー向けが77万8000台(前年同期比43.5%増),家庭ユーザー向けが25万7000台(同46.9%増)。

 中国のLenovoがシェア35.8%で首位を獲得し,米Dell,米Hewlett-Packard(HP)がこれに続いている。

 主力製品の価格帯は8000~1万元に下がり,この価格帯の出荷台数は全体の23.7%を占める。なお8000元未満の出荷台数は前期と比べて減少しており,「消費者が低価格ノート・パソコンの品質に懸念を示すようになっているため」(同社)とみる。

 同社は「中国のノート・パソコン市場が発展を遂げるには,販売チャネルのサポートとブランド認知が重要な課題となる」と述べている。

◎関連記事
「2005年Q4の世界パソコン出荷台数は17.1%増,ノートPCがけん引」,米IDC
「2005年Q3の世界パソコン出荷台数は前年同期比17%増,首位は米Dell」
「05年Q2の日本を除くアジア太平洋PC市場,出荷台数950万台で前年同期比17%増」,米調査
「2005年Q2の世界PC出荷台数,予測を上回る15%増」,米Gartner
「2010年の世界PC台数は現在の約2倍に,新興市場の増加が顕著」,米調査
「2007年までにPCメーカー上位10社のうち3社が撤退」,米Ga
米IDC,2005年/2006年の世界パソコン市場予測を上方修正
IBMのPC事業を引き継ぐ米Lenovoが発足,日本法人本社は日本IBM本社内に

[発表資料へ]