PR

 米DoubleClickは米国時間2月21日に,2005年第4四半期の検索広告マーケティングに関する調査結果を発表した。それによると,当期のアクティブ・キーワード数は前年同期と比べて58%増え,合計クリック数は同107%増加した。

 当期の特徴としては,12月の下位キーワードによるコンバージョン率(広告が販売に結びついた成約率)が11月に比べ大幅に向上した。

 DoubleClick社Performics部門バイス・プレジデントのStuart Larkins氏は,「キーワード連動型を含め,検索広告マーケティング全体が依然として強い伸びをみせている。販売事業者は,消費者の購買行為のあらゆる段階で接点を持とうとしており,その成果は投資回収率(ROI)以外にも影響する」と述べた。

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・CPK(キーワード単価)およびCPC(クリック単価)がホリデー・シーズンに高騰した。9月時点の平均CPKは25.50ドルだったが,12月には54.62ドルとなった。

・クリック総数の40%と成約総数の48%は12月に発生している。

◎関連記事
「2005年Q3のオンライン広告売上高は前年同期比34%増,初めて30億ドルを突破」,米調査
「2005年前半のオンライン広告売上高,過去最高の約58億ドルに」,米調査
「2005年6月のオンライン広告,一般コミュニティ分野が急成長」,米調査
「2009年のオンライン広告市場は現在の約2.4倍に拡大」,米JupiterResearchの調査
米Googleが広告サービス「AdWords」を拡充,入札方法を見直すとともに新サービスを開始
「MSの事業で最も成長するのは広告ビジネスだ!」---Ballmer CEOが力説
米Ask Jeeves,公開入札形式の検索広告サービス「Sponsored Listings」を発表
Pay Per Call型広告の米Ingenio,検索サービス・プロバイダの米InfoSpaceと提携

[発表資料へ]