PR

 米Sun Microsystemsと米Deloitteは,法令順守やITガバナンスに向けた企業の技術および業務プロセス開発を支援することで協力体制を敷く。Sun社が米国時間2月21日に明らかにした。

 両社は取り組みの一環として,「Center for Technology Governance and Compliance(CTGC)」を設立する。Deloitte社のコンサルティング/アドバイザリ業務とSun社の情報ライフサイクル管理/ID管理向け製品およびサービスを持ち寄る。

 CTGCでは,米国企業改革法(Sarbanes-Oxley Act)や医療関連データ規格「Healthcare Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)といった法規,Committee for Sponsoring Organizations (COSO),Control Objectives for Information Related Technology(COBIT),IT Infrastructure Library(ITIL) などのフレームワークで求められる,手法の統合を支援する。

 CTGCのコンプライアンス・ソリューションを構成する主な内容は以下の通り。

1)現在のコンプライアンスへの取り組みにおける業務/プロセス/技術面での評価
2)アクセス権適用などのセキュリティ手順
3)社内のデジタル情報に対するITガバナンスの手順
4)コンプライアンスの実行を監視する統制手順

◎関連記事
米Sunと米AXS-One,電子記録向け法規制順守のソリューション提供へ
米IBM,各種業界のコンプライアンス対応を支援する製品を発表
「コンテンツ管理の半数がコンプライアンス用途」、米ドキュメンタムのディレクタ
「多国籍企業の51%が,コンプライアンス関連支出を今後2年間で23%拡大」,米PwCの調査
米国企業改革法がストレージに変革を促す
「多くの企業が電子メール保持義務の要件を満たしていない」,米調査会社
米Microsoft,米企業改革法への準拠を支援するOffice System用アドオンを発表
「企業のコンプライアンス関連費用,2005年は155億ドルに」,米調査

[発表資料へ]