PR

 米McAfeeは米国時間2月21日,ホスト型侵入防止ソフトウエアの最新版「McAfee Host Intrusion Prevention(McAfee Host IPS)6.0」(旧称:McAfee Entercept)を発表した。「単一のソフトウエア・エージェントにデスクトップ・ファイアウオールの各種機能を統合し,動的な脆弱性防御機能を備える」(同社)。

 新版では,同社のシステム・セキュリティ管理コンソール「ePolicy Orchestrator(ePO)」との連携を実現する。これにより単一のインタフェースで,ウイルス,スパイウエア,スパム,ホスト侵入対策や,ネットワーク・アクセス制御といったシステム・レベルのセキュリティを管理できる。

 このほか,リモートSQLやHTTPヘッダーの挿入といった攻撃を防御し,データ保護を支援する。

 同社Product Marketing担当ディレクタのSteve Crutchfield氏は,「McAfee Host IPSは,シングル・インタフェースによる製品統合と集中管理を実現したソフト」と説明する。「ホストの侵入検知やデスクトップ・ファイアウオールといった機能を包括的に提供しているので,導入,設定,管理を簡単に行い,時間とコストを節約できる」(同氏)。

◎関連記事
米Network Associates,侵入防止ソフトウエアとハードウエアを発表
米Network Associates,今度は侵入防止技術の米Enterceptを1億2000万ドルで買収
米Network Associates,侵入検知/防止技術の米社を1億ドルで買収
ログイットがイスラエル社製の侵入防御ソフトを発売,「まずはMSPがターゲット」
「不正アクセスは根元から防げ」??米ISSのGraham氏
「2006年にVPN/ファイアウォール市場は42億ドル規模に成長」,米Infoneticsが予測
2004年Q2の侵入検出/防止システム世界市場は前期比4%増収,米Ciscoが首位」,米調査
「セキュリティに対する脅威拡大に伴い,侵入防止システム市場が急成長」,米調査より

[発表資料へ]