PR

 スペインのPanda Softwareは,Linuxワークステーション向けセキュリティ・ソフトウエア「Panda DesktopSecure」のベータ版を公開した。Panda社が米国時間2月22日に明らかにしたもの。ベータ版は,同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 DesktopSecureは,家庭および企業のLinuxワークステーション向けセキュリティ・ソフトウエア。アンチマルウエア,ファイアウオール,侵入阻止などの機能を備え,GUIで操作できる。Red Hat,SUSE,Debian,Fedoraを含め,すべてのディストリビューションで利用可能という。

 今後リリースする最終版でも,家庭ユーザーに限り無料で使用できる。

◎関連記事
Linuxを狙う新たなワームが出現,“ボット”の機能を持つ
「企業のセキュリティ対策,大半が不合格」,米調査
Mac OS Xに新たなウイルス,Bluetoothで感染を広げる
【RSA Conference 2006】「ワームの時代は終わった」---米ISSのCTO
米司法統計局,サイバー犯罪に関する調査を実施---米企業530万社を対象に
Linuxを狙うワーム「Lupper」,アンチウイルス・ベンダー各社が警告
「OSやアプリケーション関連のセキュリティ,WindowsよりLinuxに軍配」,米調査
「Windowsの信頼性はLinuxより優れている」,米Microsoftが依頼した調査結果を発表

[発表資料へ]