PR

 米BSG Clearing SolutionsとスイスWebpay Internationalの合弁会社Click&Buyは米国時間2月22日に,同社のオンライン決済システム「Click&Buy」に関して米eBay傘下のSkypeと契約したことを発表した。これよりSkype社は,同社VoIPサービス「Skype」のユーザーに,オンライン決済方法の選択肢としてClick&Buyを提供する。

 Skypeユーザーは,「Skype-Wallet」にクレジット機能を組み合わせて,「Skype Store」で様々なサービスを購入できる。

 Click&Buyは,多数の外貨に対応し,オーストラリア,ベルギー,デンマーク,フィンランド,フランス,ドイツ,イタリア,アイルランド,メキシコ,オランダ,ノルウェー,スウェーデン,スイス,米国,英国で利用可能。ACH,eCheck,European Direct Debitなどの電子決済処理をサポートし,従来のクレジットカードやデビットカード決済にも利用できる。

 Skype社有料サービス責任者のMichael Jackson氏は,「Click&Buyを通じて,当社は世界規模の顧客ベースをいっそう拡大できる」と述べた。

◎関連記事
1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威(1)
「消費者の71%がVoIPへの移行検討に前向き」,米調査
「2009年の北米VoIPサービス市場は199億ドル規模,現在の約15倍に」,米調査
米eBay,米VeriSignの決済ゲートウエイ事業を約3億7000万ドルで買収
米eBay,販売業者向けに2つの新しいサービスを発表
米eBayがルクセンブルグSkypeを買収へ,取引総額は最大約41億ドル
「72%の消費者がオンラインでのカード情報提供を懸念」,米調査
米PayPal,中小企業向けEC決済サービス「Website Payments Pro」を発表

[発表資料へ]