PR

 米CareerBuilder.comが,ITワーカーの雇用に対する意識調査の結果を米国時間2月22日に発表した。それによると,ITワーカーの5人に1人は現在の雇用環境に不満を感じており,3人に1人は2006年に転職を計画しているという。主な不満要素としては,多すぎる仕事,不十分な給与,管理者の指導力不足が挙がった。

 調査は2005年11月15~12月6日にかけて,115人以上のITワーカーを対象に実施したもの。

 ITワーカーの61%が過去6カ月間に作業負荷が増えたと回答し,半数弱が管理できる分量を超えていると答えた。また30%近くが,家庭と仕事のバランスをうまく取れていないと感じている。

 給与については,2005年に5%以上の昇給があったITワーカーは20%で,3分の2はボーナスが支給されなかった。48%は,全体的な給与への不満を口にした。

 ITワーカーの38%は,経営陣に対して不満を抱いている。直属の上司に不満を感じる回答者も25%いた。また3分の1以上がキャリア向上の機会を増やして欲しいと感じており,30%はトレーニングや講習をもっと受けたいと答えた。

■変更履歴
2つ目の段落中,「調査は2006年11月」を「調査は2005年11月」に訂正しました。[2006/02/27 9:52]

◎関連記事
IT雇用市場は2001年末と同レベルまで回復,2006年も成長は続く
「2006年Q1のIT雇用は堅調,CIOの12%が人員増強を計画」,米調査
「米国IT業界は不況期から回復し,健全に成長」,米Forresterの調査
「2010年までに中・大企業のIT部門は30%縮小,マルチ人間のニーズ高まる」,米Gartner
「2010年までにITスペシャリストの雇用市場は40%縮小」,米GartnerがITトレンド6つの予測
2005年10月の米国IT雇用状況,352万5600人で前月比0.23%増
「2005年Q3における技術専門職の時給,データベース・アーキテクトは60.53ドル」,米調査
「2005年の米国市場は雇用が拡大,10人に4人が転職を予定」,米調査

[発表資料へ]