PR

 米DisplaySearchは,2005年第4四半期における液晶ディスプレイ(LCD)TV市場に関する調査結果を米国時間2月23日に発表した。それによると,LCD TV出荷台数は過去最高の860万台で,前期と比べて58%増加した。前年同期比では137%の増加となる。また,2005年通期の出荷台数は前年比141%増の2120万台だった。

 すべての地域で前年同期と比べ25%以上伸びており,とりわけ中国は同74%増,欧州は同73%増と大幅に拡大した。

 サイズ別でみると,37インチ以上の出荷台数は前年同期比148%増加し,100万台を突破した。市場の出荷台数全体の12%,売上高全体の29%を占めている。

 大型ディスプレイが伸びている要因は,生産能力の効率化と急速なコスト/価格低下である。例えば32インチ型LCD TVの平均価格は前期比16%減,前年同期比51%減の1493ドルで,37インチ型の平均価格は前期比15%減,前年同期比49%減の2333ドル。

 メーカー別では,ソニーが出荷台数ベースのシェア14.6%を獲得し,これまでの4位から首位に躍り出た。第2位はオランダのRoyal Philips Electronicsでシェア14.2%,第3位はシャープで同13.6%だった。

■2005年第4四半期,出荷台数ベースのメーカー別シェア

順位         ブランド                  Q3'05シェア Q4'05シェア  伸び率
----------------------------------------------------------------------
1            ソニー                        8.7%      14.6%     164%
2            Philips/Magnavox            15.1%      14.2%      48%
3            Sharp                        18.0%      13.6%      19%
4            Samsung                       9.7%      11.6%      88%
5            LGE                           6.5%       6.5%      56%
             その他                       41.9%      39.5%      49%
----------------------------------------------------------------------
             合計                        100.0%     100.0%      58%
----------------------------------------------------------------------
出典:DisplaySearch社

◎関連記事
「2005年Q3の大型TFT LCD世界市場,前年同期比46%増の121億ドル規模」,米調査
「世界TFT LCD市場は年内に供給過剰気味に,来年はさらに供給が拡大」,米調査
「世界TFT LCD市場は2004年に97%成長,2005年からは一転減少へ」,米調査
世界TFT LCD装置市場,2004年の支出は「過去最高」
2004年にLCDモニタは販売台数でCRTモニタを上回る——米DisplaySearchが予測
「2004年Q3のLCDモニター世界出荷台数,再びCRTを上回る」,米調査
「急成長の中国LCD TV市場,大型TFT-LCDパネルがけん引」,中国企業が調査
「2004年にピークを迎えた世界TFT LCD設備投資,2005年は96億ドル規模」,米調査

[発表資料へ]