PR

 米JBossが,独objectoneを買収するとドイツとスイスで現地時間2月23日に発表した。ただしJBossは,買収金額など詳しい取引条件については明らかにしていない。

 objectoneは,JBossの認定システム・インテグレータと認可サービス・パートナーの資格を持つドイツ企業。ドイツ全域の企業に対してJBoss製品のライセンスを再販するほか,サポートとサービスを提供している。

 買収にともない,JBossは2006年3月1日付けで新設するドイツ法人JBoss Deutschlandに,objectoneの業務と全顧客を移管する。objectoneの従業員も大部分が移籍する。objectone創立者のTobias Hartwig氏は,JBoss Deutschlandのマネージング・ディレクタに就任する。

 objectoneの買収について,JBossは「欧州で最も成長の速いオープンソース・ミドルウエア市場の1つで,当社の認知度を高められる」と説明する。JBossのドイツ語版Webサイトは,すでに運営を始めている。

◎関連記事
米JBossが欧州初のユーザー会議でSOA対応を強調,ワークフロー・エンジンの新版「jBPM 3.0」をリリース
米Microsoftと米JBoss,Windows ServerとJavaミドルウエアの相互操作性強化で協力
米JBoss,プロプライエタリ製品からの移行促進を図るプログラムを発表
米Borlandが米Segueを買収,IDE事業を売却予定でALMに本腰
OSS対抗で進むソフト製品の無償化---ベンダー各社の思惑の違いが無償化への動きを加速
2005年のIT業界,それは「新時代最初の10年の中間点」
米Sun,Javaと.NETの相互操作性強化を図る取り組み
米Sun,米SeeBeyondを約3億8700万ドルで買収

[発表資料(PDF形式)]