PR
K800 Cyber-shot(前面)
K800 Cyber-shot(前面)
[画像のクリックで拡大表示]
K800 Cyber-shot(背面)
K800 Cyber-shot(背面)
[画像のクリックで拡大表示]

 スウェーデンのEricssonとソニーの合弁企業Sony Ericsson Mobile Communicationsは,米Googleのブログ・サービス「Blogger」とWeb検索サービスに対応した携帯電話機を提供する。Sony Ericsson社とGoogle社が英国時間2月28日に明らかにしたもの。

 これにより,携帯電話機からBloggerに直接記事を投稿できるようになる。その際,携帯電話機で撮影した写真も同時にアップロードできる。また,携帯電話機のユーザー・インタフェースにGoogle社のWeb検索用メニューを設けるため,どのページを閲覧していてもその場で検索が行えるという。

 検索機能は,Sony Ericsson社のインターネット接続に対応したすべての新型モデルで利用可能にする。Blogger対応機能は,先ごろ発表したUMTS方式の「K610」と,同日発表した「K800 Cyber-shot」「K790 Cyber-shot」に搭載する。

 K800とK790は「デジタル・カメラ並みの機能を備える」(Sony Ericsson社)。ソニーのデジタル・カメラ用ブランドであるCyber-shotの名が付いた初の携帯電話機となる。K800はデュアル・モードUMTS/GPRS方式,K790は3バンドEDGE方式。2006年第2四半期に世界各地で利用可能とする。

 320万画素のカメラを搭載し,オートフォーカス,フラッシュ,赤目防止,手ぶれ防止,16倍デジタル・ズームを備える。画面は2.0インチ型のQVGA(320×240ピクセル)26万2000色表示のTFT液晶。静止画のほかビデオ撮影も可能。電話として使う際は縦長のストレート・タイプだが,カメラとして使う場合は横長に構える。スライド式のレンズ・カバーを開くと,Cyber-shotと同じ操作メニューが画面に現れる。1回シャッターを押すだけで自動的に9枚の写真を撮る「BestPic」機能で,ベスト・ショットが選べるという。

 PictBridge対応で,USB 2.0でプリンタに直接接続して写真を印刷できる。Bluetooth 2.0およびIrDAでの通信が可能。メモリー・カードはMemory Stick Micro(M2)。RSSフィード受信に対応したフルHTMLブラウザを採用した。音楽再生,3次元ゲーム,Radio Data System(RDS)対応FMラジオの利用も可能。大きさは106×47×18mm,重さは115g。

◎関連記事
米Google,ブログ分析サービス「Measure Map」を買収
Sony Ericsson社の携帯電話新モデルでExchange Serverとの直接同期が可能に
エプソンや米HPなど,携帯機器で写真をやり取りするための「PictSync」を推進
「携帯電話向けOS市場,Symbianの王座は2009年まで」,米調査
「2006年,最も利用されるアプリは『検索エンジン』に」,米調査
「世界携帯電話出荷台数は2007年に10億台達成の見込み」,米調査
「2010年まで携帯電話や民生電子機器が半導体業界をけん引」,米In-Stat/MDRの調査
「カメラ付き携帯はデジカメ購入を促進」,米IDC

[発表資料(Google社のサービスへの対応)]
[発表資料(K800、K790)]