PR

 米Microsoftは米国時間2月28日,携帯電話向けTV放送規格「Digital Video Broadcast-Handheld(DVB-H)」の普及促進を目指す新たな業界団体「Mobile DTV Alliance」に,設立メンバーとして参加すると発表した。「北米市場の携帯電話機で高品質の放送メディアを実現するべく,DVB-Hのベスト・プラクティスを推進する」(同社)

 Mobile DTV Allianceは,Microsoft社の他に,米Intel,米Modeo,米Motorola,フィンランドのNokia,米Texas Instruments(TI)などが参加している。

 Microsoft社はDVB-Hを支持することについて,「消費者は携帯電話機などのDVB-H対応デバイスで,普段TV番組を視聴するのと同様に放送を受信できる。通信業者は,携帯電話網の音声/データ・サービス向け帯域幅を確保し,新たな収入機会を得られる」と説明する。

 「携帯電話向けのデジタル・エンタテインメント配信に対する需要により,DVB-HなどのTV放送規格の必要性は高まっている。Microsoft社をはじめとするメンバーがそれぞれの知識を持ち寄ることで,DVB-H対応のモバイルTVが現実のものとなる」(同社Windows Digital Media部門シニア・ディレクタのPat Griffis氏)

◎関連記事
米Microsoft,モバイル機器向けビデオ・ダウンロード・サービスを開始
米MicrosoftがWindows Mobileの新バージョンをリリース
フィンランドNokia,モバイルTV規格DVB-H対応端末を2006年リリースへ
米MPEG LA,モバイルTV規格DVB-H実装に必要な特許の募集を開始
「近い将来,携帯電話機でテレビは当たり前に」,米ABI Research
「米国の携帯電話向け商用ビデオ配信サービス,2009年には3000万人が視聴」,米調査
「携帯電話利用者の半数以上がTV付き携帯電話に興味なし」,米Lyra Researchの調査
フィンランドNokiaなど5社,欧州のモバイルTVサービスに関して協力

[発表資料へ]