PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは米国時間2月28日,同社の地域検索および地図表示サービス「Windows Live Local」で提供する新しいブラウジング機能「Street-side」のプレビュー版を発表した。通りの様子を車の運転者の目線で見ることができる。現在,画像を提供しているのはサンフランシスコとシアトルの2都市だが,「この夏,正式版を発表する際には対象都市を拡大する予定」(Microsoft社)。

 Street-sideブラウジングでは,ウインドウの上部に通りの様子を,下部に上空からの俯瞰画像を表示する。街中の表示モードは「Sports car」「Race car」「Walk」のいずれかを選択でき,車や徒歩で街中を“探索”するスピードを変更できる。マウスやキーボードの矢印キーを使って方向転換をしたり,視界を360度回転できる。

 下部の表示モードには「Street」「Road」「Hybrid」があり,Streetモードでは道路からみえる建物などを二次元画像として地図上に貼り込んで表示する。「Streetモードで大まかな現在地を確認し,Street-sideブラウジングで通りのより詳しい画像をみるといった使い方ができる」(同社)。検索ボックスに住所や場所の名前を入力して,その場所を表示させることも可能。ズーム機能も備える。

 同社は,「Windows Live Localに統合する前に,ユーザーからのフィードバックをもとに機能やインタフェースを向上する」と述べている。

 なお米メディア(TechWeb)によると,米Amazon.comの子会社A9.comが運営する「A9.com」においても,同様の機能を提供しているという。同サイトでは米国の約20都市以上をカバーしている。

◎関連記事
米MS,航空写真や目的地までの道順を表示する「Windows Live Local」を公開
米A9.com,地域の通りを「バーチャルで歩き回れる」新サービスを発表
米Google,地域の情報を検索できる新サービス「Google Local」を開始
米Yahoo!,地域情報検索サイト「Yahoo! Local」を正式にスタート
米A9.com,通りの風景写真を表示する地図検索サービス「A9.com Maps」
米AOL,地域情報検索サービス「Local Search」を開始
「米Googleと米Microsoftの衛星画像による地図検索サービスは後者に軍配」,米調査
米Google,新たな地域検索サービス「Google Maps」のベータ版開設

[発表資料へ]