PR

 ペンシルベニア州フィラデルフィア市と米EarthLinkは,フィラデルフィア市全域で展開する無線LANサービスの構築,運営に関する契約に署名した。フィラデルフィア市が米国時間3月1日に明らかにしたもの。無線LANが完成すると,米国最大のWi-Fiホットスポットになるという。

 EarthLink社は,同市全体に及ぶ135平方マイルを対象とした無線LAN網の構築,管理,運用を行う。この作業に対し,フィラデルフィア市は税金を投入しない。EarthLink社は約4000本の街灯に通信装置を取り付けるが,この費用はフィラデルフィア市が負担する。

 EarthLink社は,市内に22カ所のWi-Fiホットスポットを設け,市民や旅行者に無料で提供。フィラデルフィア市に対しては,3000個の無料または割り引きWi-Fiアカウントと,700個の割り引きT1アカウントを提供する。

 無線LANサービスの運営は,非営利の無線LANサービス運営組織Wireless Philadelphiaが担当する。EarthLink社のアクセス・サービスで得た収入の5%を受け取り,事業費用とする。またEarthLink社は,デジタル・デバイド解消に向けた活動の資金として,フィラデルフィア市に200万ドルを支払う。

 料金は利用者の所得などによって異なる。低所得者向け料金は月額9.95ドルとし,ISP料金も割り引く予定。

◎関連記事
フィラデルフィア市が2006年中に市全体に無線LAN敷設,米EarthLinkが構築
フィラデルフィア市,巨大無線LANホットスポット計画の内容を発表
GoogleとEarthLink,サンフランシスコ市の高速無線ネットでのサービスを共同提案
シリコンバレー全域に高速無線ネットワーク構築へ---米Intelと非営利団体が提案
WiMAX Forum,WiMAX規格に準拠した初の認定製品を発表
「2005年のWi-Fiチップセットの出荷数は1億2000万個を超える」,米In-Stat
サンフランシスコ市,市内全域へのWi-Fiサービス導入計画に対する意見を公募
業界団体がメッシュ型無線LANの提案仕様をIEEEに提出

[発表資料へ]