PR

 米Texas Instruments(TI)は米国時間3月6日,2006年第1四半期の業績予測の修正を発表した。継続事業による売上高は32億2000万~33億5000万ドルの範囲,1株あたり利益は31~33セントの範囲になる見通し。これまでは,売上高が31億1000万~33億8000万ドルの範囲,1株あたり利益が29~33の範囲と予想していた。なお,1株あたり利益には,1株あたり4セントのストックオプション費用が含まれている。非継続事業からの1株あたりの利益として予測される3セントは含まれていない。

 部門別の売上高は,Semiconductor部門が31億5000万~32億8000万ドル(従来予測では30億500万~33億ドル),Educational&Productivity Solutions部門が6500万~750万ドル(同6000万~8000万ドル)の範囲とみている。

◎関連記事
米TIがIP電話の品質管理ソリューションを提供へ
米TI,VoIPやIPTV向けのサービス品質管理システム「PIQUA」を発表
米TIがセンサー&コントローラ事業を30億ドルで売却,RFID事業は継続
米TIが2005年Q4の業績予測を修正,半導体製品の需要が好調で下限を引き上げ
米TIの2005年Q4と通年の決算,増収増益

発表資料へ