PR

 ドイツのSAPは,アプリケーション統合プラットフォーム「SAP NetWeaver」のWindows版において,「アダプティブ・コンピューティング」と呼ぶアプリケーション仮想化機能を拡充する。SAP社が現地時間3月9日に明らかにしたもの。

 同機能を利用すると,アプリケーションをサービスとして動かすことで仮想化し,システム上のさまざまなリソースの共有が可能となる。単一サーバー上で1種類のアプリケーションを複数仮想的に運用できるので,所有コストを最大40%減らせるという。

 仮想化するにあたり,アプリケーションのコードを変更する必要はない。そのため,「mySAP Business Suite」や「Microsoft SQL Server」といった既存のアプリケーションだけでなく,SAP社や独立系ソフトウエア・ベンダー(ISV)が今後提供する製品も,手を加えることなく仮想化できる。

 なおSAP社によると,同社製アプリケーションの5割以上がWindowsで運用されているという。

◎関連記事
SAPが“強者”連合を推進---デファクト製品との連携でプラットフォーム強化
独SAP,米IBMや独Siemensとの共同ソリューション提供を発表
独SAP,SOA向け技術で米Adobe/米Cisco/米Intelなどと提携
独SAP,地歩強化を図り米IBM/独Siemens/米Macromediaと提携
米Sun,SAPとの連携が可能な「Java System RFID Software 3.0」をリリース
2005年Q4の世界サーバー市場,トップはWindowsでLinuxは20.8%増
OSに仮想化技術を組み込もうとするMSの戦略
「企業向けサーバーOS,企業の大半がWindowsをLinuxと同等もしくはそれ以上に評価」,米調査

[発表資料へ]