PR

 Itaniumサーバー向けソフトウエアの開発促進を図る業界団体Itanium Solutions Allianceは,オープンソース・コンパイラGNU Compiler Collection(GCC)にItaniumプロセサ向け機能を追加するための資金を提供する。Itanium Solutions Allianceが米国時間3月7日に明らかにしたもの。ただし,援助額など詳しい情報は公表していない。

 GCCは,フリー・ソフトウエア団体のGNU Projectが開発するコンパイラ集。C,C++,Fortran,Objective-C,Javaといった複数のプログラミング言語のコンパイルが可能で,さまざまなプラットフォームに対応する。GNU/Linuxディストリビューションにおいて標準コンパイラとなっている。

 Itanium Solutions Allianceは,学術機関,政府機関,業界研究機関に向けたLinuxベース・ソリューションのコンソーシアムGelato Federationに資金を提供し,イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(UIUC)で進められている活動を支援する。現在UIUCでは,スーパーブロック・スケジューリング,命令のスケジューリングおよび投機的実行,Memory Disambiguation(メモリーアドレス依存関係の解決)について最適化作業を実施している。「この最適化により,(GCCでコンパイルすると)Itanium 2用コードが高速化し,コンパイルに必要な時間も短くなる」(Itanium Solutions Alliance)。

 なお米メディア(CNET News.com)は,Itanium Solutions Allianceのメンバー企業が2010年までにItanium市場拡大と技術開発に投じる合計100億ドルの中から,GCC改造活動に対する援助資金を拠出すると報じている。

◎関連記事
米HPと米Oracle,Itaniumサーバーに対する取り組みを強化
「Itaniumサーバー市場は成長段階に入りつつある」,米HPが米IDC調査結果を引用
「2007年にItanium2が国内RISC市場の5割を取る」、Itanium連合が協力関係を強化
米Intel,米HP,富士通など9社,Itaniumの普及促進に100億ドルの資金を投入
米AMDの2.6GHz版デュアルコア「Opteron」3モデル,米IBM,米Sun,米HPが採用
米Sun,「HP-UX」から「Solaris」への移行支援策を発表
米IBM/ソニー/SCEI,次世代マイクロプロセサ「Cell」用のLinuxやgccを公開
富士通などItanium勢が抱えるジレンマ---MSとインテルはIBMと本気で戦うのか

[発表資料へ]