PR

 米IBMは,日産自動車とITインフラのアウトソーシング・サービスに関する契約を結んだ。IBMが米国時間3月9日に明らかにしたもの。日産の米国およびカナダでの業務を対象とする。ただし契約期間や金額など,詳細な条件については公表していない。

 この契約は,両社が1999年に結んだサービス契約を延長するもの。IBMはデータセンター,ヘルプ・デスク,ディーラー向けシステム,デスクトップ・サービスなど,包括的なITシステムおよびネットワーク・サービス・サポートを提供する。これに伴い日産は,IBM製サーバーおよび装置への移行を進める。

 IBMは日産にサービスを提供するにあたり,ブラジルのサンパウロとインドのバンガロールにある施設を利用する。「異なる地域の施設からマネージド・インフラ・サービス向けリソースを提供する取り組みは,日産との契約が最初の実例の1つとなる」(IBM)。

◎関連記事
米IBMが米内務省のITサービス契約を獲得,6年で1億1000万ドル超
米IBM,米Gapと総額約11億ドルのITインフラ契約を締結
「企業の意思決定者の89%は,アウトソーシングの予算拡大を計画している」
「米連邦政府のITアウトソーシング市場,2010年までに176億ドル規模へ」,米調査
2006年度にIT投資を増やす企業は35%
「米国IT支出の成長は2007年に急減速,2008年頃から回復へ」,米Forrester Research
「企業のIT支出は成長,今後12カ月で平均7.1%増」,米誌の調査
「企業IT支出の展望は全般的に良好」,米CIO Magazine誌の調査

[発表資料へ]