PR

 米Microsoftは,オンライン広告の試験的な掲載を中堅・中小企業向けオンライン・アプリケーション・サービス「Microsoft Office Live」(ベータ版),Webメール・サービス「Windows Live Mail」(ベータ版),ブログ・サービス「MSN Spaces」で始めた。Microsoft社が米国時間3月15日に明らかにしたもの。

 広告を掲載する理由について,同社は「広告から収益を得ることで,Webホスティングや電子メール,Webサービスなどさまざまなオンラインサービスを,無料または低価格で顧客に提供できる」と説明する。

 広告の試験掲載には,ブラジルCoca-Cola Brazil,米JCPenney,米Monster Worldwideなど20社が参加している。2006年末まで試験を続け,どのようなタイプの広告が効果的かを調べる。試験広告を掲載する地域は以下の通り。

  • Office Live:米国のみで開始
  • Windows Live Mail:オーストラリア,ブラジル,カナダ,中国,フランス,ドイツ,イタリア,スペイン,英国,米国など
  • MSN Spaces:オーストラリア,イタリア

◎関連記事
米Microsoft,「Office Live」のベータ版を米国で提供開始
米Microsoft,「Windows Live Mail」の最新ベータ版を公開
米Microsoftのブログ・サービスが検索機能を強化中,アフィリエイトも導入
米Microsoft,広告技術研究所「adLab」を中国に開設
Googleに相次ぐ失態,「成長鈍化」発言の真意は?
株主総会でオンライン・サービスへの注力を語った米MS---ライバルを名指しする内部メモ流出
Microsoftのライブ・ソフトウエア戦略はWeb 2.0になれるか?
デスクトップの機能をネットワークが吸い取る---MicrosoftがGoogleを恐れる理由

[発表資料へ]