PR

 米ABI Researchは米国時間3月15日,世界の都市部におけるメッシュ型無線LANの導入状況について調査した結果を発表した。それによると,2005年における全世界のメッシュ型無線LANネットワークの面積は3885平方キロだったが,2010年には32万5000平方キロへと,急拡大する見通しである。「ポーランドよりやや大きいか,米国のニューメキシコ州に匹敵する面積」(ABI Research社)という。

 同社はとりわけ,北米とアジア太平洋地域でメッシュ型無線LANの導入が進むと予測している。これらのネットワーク構築のため,2010年には無線メッシュ・ルーターの出荷台数が100万台以上,売上高が12億ドルを超える見通しだ。

 メッシュ型無線LANの構築が進む要因は,地方自治体における積極的な導入や,競争力を増そうとする新規参入ISPやケーブル事業者の導入が挙げられている。また遠隔地でも,コスト効率の高い広帯域接続として普及が進むと予測している。

 同社上級アナリストのSam Lucero氏によると,これまで都市部における無線LANネットワークの大半は,メッシュ型無線LANだった。しかし今後は,WiMAXといったポイント・ツー・ポイントの技術がどれくらい普及するかによって,風向きが変わる可能性がある。「メッシュ型無線LANは,ビデオ,音声,広帯域データのバンドル・サービスを提供するには帯域幅が不十分だ。このため既存のサービス・プロバイダが,主要ネットワークとして導入する可能性は低いだろう」(同氏)。

◎関連記事
米Motorola,米市政機関向けに2.4GHzと4.9GHz対応の無線ブロードバンド・ソリューションを提供
サンフランシスコ市,市内全域へのWi-Fiサービス導入計画に対する意見を公募
無線LANの面展開は難しい,我々はWiMAXでいく
米Ciscoがメッシュ型無線LAN環境を発表,オハイオ州とオレゴンで試験運用を開始
業界団体がメッシュ型無線LANの提案仕様をIEEEに提出
Skype社やGoogle社,世界規模のWi-Fiネットワーク構築を目指すスペイン新興企業に出資
「05年のWi-Fiハード市場は前年比6%成長,WiMAXは今後急成長」,米調査
無線メッシュ・ネットワーク

[発表資料へ]