PR

 中国のAnalysys Internationalは現地時間3月16日,2005年第4四半期における中国オンライン広告市場に関する調査結果を発表した。それによると,同市場の規模は9億3900万元に達しており,今後3年間の年間平均成長率は30%を上回るという。

 同市場の内訳は,キーワード広告が2億1800万元,オンライン広告が6億4600万元,PR広告が7600万元,電子メール広告が500万元だった。企業でみると,SINA,Sohu,Yahoo! China,Netease,Tom Onlineが上位5社だった。

 同社アナリストのRao Zhan氏は「中国のインターネット環境が成熟するにつれ,企業にとってインターネット業界が果たす役割の重要性も増す。オンライン広告は,インターネット市場において重要な役割を果たし急速な成長を続けるだろう」とコメントしている。

 同社は,中国のオンライン広告市場における競争が将来的に激化する可能性を指摘している。インターネット上のコンテンツが豊富になり,ユーザーの注目を集めて広告主に的を絞ったトラフィックを提供するための競争が激しくなるという。また,成果に応じて広告料を支払う「pay-for-performance」方式など,新しいビジネス・モデルが提供されるようになると予想している。

◎関連記事
「検索広告は依然として大幅成長,2005年Q4のクリック数は107%増」,米企業の調査
「GoogleとYahoo!のスポンサ付き広告,過去半年でインプレッションが16%増加」,米調査
「2005年Q3のオンライン広告売上高は前年同期比34%増,初めて30億ドルを突破」,米調査
「2009年のオンライン広告市場は現在の約2.4倍に拡大」,米JupiterResearchの調査

発表資料へ