PR

 米Rambusと米IBMは,メモリー・インタフェースに関する技術ライセンス契約で合意に達した。Rambusが米国時間3月17日に明らかにしたもの。これによりIBMは,「Cell Broadband Engine(Cell BE)」プロセサで,Rambusのプロセサ・バス技術「FlexIO」(開発コード名は「Redwood」)とメモリー・インタフェース技術「XDR」を利用できる。

 Cell BEは,IBM,東芝,ソニー,ソニー・コンピュータ エンタテインメント(SCEI)が共同開発したプロセサ。IBMの64ビットPowerプロセサ・コアをベースとする。8個ある演算コアと1つの制御用コアを備える。初期段階のハードウエア試験では,演算速度が最高で200ギガFLOPSを超えたという。

 IBMは,Cell BEの信号ピンの90%にFlexIOとXDRを適用し,合計で毎秒100GバイトのI/O帯域幅を実現する予定だ。なお,XDRインタフェースとXDR対応DRAM間のデータ転送クロックは3.2G~8.0GHz,FlexIOのデータ転送クロックは最大8.0GHzとなる。

[発表資料へ]