PR

 米Red Hatと米Intelは,Linuxの導入支援を目的としたグローバル・プログラム「Red Hat-Intel Solution Acceleration Program」を共同で実施する。両社がそれぞれ米国時間4月4日に明らかにしたもの。「プラットフォーム仮想化およびグリッド・コンピューティングのためのツールの開発および普及に焦点を当てる」(両社)。今月中に立ち上げる予定。

 同プログラムは,米バージニア州マクリーン,インドのムンバイ,ドイツのミュンヘンにあるRed Hat社の開発センターのほか,世界14拠点の研究所とオンラインで展開する。

 これら研究開発施設では,Intel社のプロセサを搭載したサーバー,企業向けデスクトップおよびノート・パソコン,ストレージ・デバイスなどを用意し,Intel社とRed Hat社の専門家や同プログラムに参加する顧客/パートナが利用できるようにする。

 プログラムの主な内容は以下の通り。

・高度なトレーニング,技術白書,ケース・スタディ,ベンチマーク,Webセミナーなどの提供と実施
・最新のハードウエア,ソフトウエア,テクニカル・サポートによるPOC(コンセプト検証)の支援
・Red Hat社およびIntel社の技術をベースとした,テスト/導入済み製品に関する情報の提供
・RISCコードの移植や,OS/アプリケーションの互換性をテストするために必要なハードウエア,ソフトウエアの提供
・Red Hat社の企業向けOS「Red Hat Enterprise Linux」とIntel社のプラットフォームの組み合わせによる,仮想化やマルチコアなどの最新技術導入支援

[発表資料へ(Red Hat社のプレスリリース)]
[発表資料へ(Intel社のプレスリリース)]