PR

米EMCと米Intelは米国時間4月4日に,中小企業向けストレージ製品に関するOEM契約を結んだことを明らかにした。特に新興市場における供給拡大を図る。

 Intel社は,EMC社の「CLARiiON AX150」をベースにしたネットワーク対応ストレージ・システム「SSR212PP Storage System」を自社のリセラーおよび販売業者に提供する。リセラーおよび販売業者は,独自ブランドとして同システムを顧客に販売できる。Intel社は16万社以上の販売チャネルを抱えており,「米国以外ではアジア太平洋,東欧,中南米でプレゼンスを確立している」(Intel社)。

 SSR212PP Storage Systemでは,最大12台のSerial ATA II(SATA II)ディスク・ドライブを2Uラックマントに格納できる。単一アレイで最大6Tバイト(500Gバイトのハード・ディスク装置を使用)の保存容量をサポートする。接続インタフェースはiSCSIまたはファイバ・チャネル。5月初頭に出荷を開始する。

 また両社は,将来的な市場の需要を見据えたプロセサ強化とストレージ・アーキテクチャの向上についても技術協力することで合意した。

[発表資料へ]