PR

 米大手ラジオ放送局Clear Channel Radioのオンライン部門Online Music & Radio Unitは,ラジオ局のWebサイトに採用する排他的検索エンジンとして,米Googleと提携を結んだ。Clear Channel社が米国時間4月5日に明らかにしたもの。1100を超える地方ラジオ局のWebサイトにGoogle検索エンジンを組み込む。

 これらラジオ局のWebサイトでは,ラジオ放送番組のほか,オリジナルのビデオ・コンテンツも配信しており,「1カ月当たりのビジター数は700万人近くにのぼる」(同社)。

 今回の提携でClear Channel社が導入する主なGoogleサービスは,通常のWeb検索「WebSearch」のほか,検索キーワード・ベースのスポンサ付き広告「AdSense for Search」,Clear Channel Radio社ネットワークのニュース内容に合わせたスポンサ付き広告「AdSense for Content」。

 WebSearchとAdSense for Searchはただちに利用可能とし,その後AdSense for Contentを開始する。Clear Channel社は,「リスナーには,お気に入りのラジオ局のWebサイトから直接Googleで検索が行える利便性を,地域の広告主には,Google有料広告サービスを通じて,検索結果ページで優先的に広告を露出する機会を提供する」と述べている。

[発表資料へ]