PR

 近距離無線規格Bluetoothの標準化団体Bluetooth Special Interest Group(SIG)は,Bluetoothの認知度および普及状況に関しての調査結果を発表した。それによると,2005年にBluetooth技術を知っている消費者の割合は73%で,2004年の60%から拡大した。

 調査は,Bluetooth SIGの依頼を受けたMillward Brownが,米国,英国,ドイツ,日本,台湾に住む18~70才の消費者2100人を対象に実施したもの。消費者への啓もうが成功しているのは英国とドイツで,認知度は88%におよぶ。台湾と日本は67%で,米国は58%。

 ただし,米国は最も急速に認知度が高まっている。2003年はわずか22%,2004年は41%だった。

 その他の主な調査結果は以下の通り。

・台湾では,3分の2以上の消費者がBluetooth対応デバイスを1台以上所有している
・Bluetooth機能に代価を支払う意志が最も高いのは日本の消費者である
・Bluetooth対応携帯電話機の販売は,台湾で58%増,ドイツで40%増加した

 ちなみにBluetooth SIGによると,現在358社が852種類のBluetooth対応製品を投入しており,2004年と比べ約44%増えているという。

[発表資料へ]