PR

 米Gartnerは英国時間4月10日,西欧のインターネットTV(IPTV)世界市場に関して調査した結果を米国時間11月14日に発表した。それによると,IPTVサービスの加入者数は今年330万人,2010年には1670万人に達する見込みという。

 同社によれば,IPTVの加入者数は急増するが,今後5年間で主要収益源となるまでに事業者は苦戦を強いられる。すでに有料テレビや良質な番組を無料で提供する地上波テレビ放送のプロバイダが定着しており,IPTV事業者は新規加入者を獲得するために低価格のサービスとバンドル製品を用意する必要に迫られる。そのため,西欧のIPTV市場では売上高が今後4年間で30億ユーロまでしか伸びないという。


■ 2004~2010年の西欧市場におけるIPTV加入者数の推移(単位:1000人)
                                                        2006~2010年
  年         2004  2005  2006  2007  2008   2009   2010  平均成長率
--------------------------------------------------------------------
IPTV加入者数 705  1,654 3,283 6,311 10,070 13,636 16,695
増加率        NA 134.5% 98.5% 92.2%  59.6%  35.4%  22.4%   58.8%
--------------------------------------------------------------------
出典:Gartner社Dataquest,2006年1月

 事業者の市場参入戦略と初期段階の加入者数レベルは,通信事業者間の競争レベルなどの条件により国によって大きく異なる。IPTVサービスの普及率でみると,フランスが最も高い。2006年末までに西欧におけるIPTV加入者のほぼ半数に相当する170万人がフランスの加入者となり,売上高は1億410万ユーロに達する。2010年までにフランスの加入者数は500万人に近づき,西欧市場の3分の1弱を占めるという。

 フランスでは複数企業による競争が激しく,積極的に導入価格の引き下げが行なわれていることが高い普及率の要因として挙げられている。しかし,IPTV加入者数にはトリプルプレイのバンドル製品の購読者数も含まれているため,実際にサービスを利用して視聴料金を支払っている加入者数は限られているという。

 英国は,西欧市場においてIPTV加入者数が最も少ない。しかし,2006年に7万5000人の加入者数は2010年までに190万人に増加すると予想されている。ドイツでは,有料テレビの視聴世帯数は10%しかない。しかし,大手通信事業者のDeutscheTelekomが米Microsoftや独Premiereとの提携を発表しており,2010年までに280万人の加入者を抱える4億6500万ユーロ規模の市場に成長するという。

発表資料へ