PR

 米McDataの創設者であるJack McDonnell氏が立ち上げた新興企業の米Crosswalkは,高性能コンピューティング(HPC)環境に向けたストレージ・システム「iGrid Intelligent Storage Grid System」を米国時間4月11日に発表した。

 Crosswalk社によると,同システムでは,いずれのアプリケーションからでも,認証を得ているストレージ・リソースにアクセスすることが可能で,あらゆるファイル・システムに対応するという。「ユーザーは必要なデータに同時にアクセスし,コラボラティブなプロジェクトを実行できる」(同社)

 一般的にHPCセンターは,大容量音データ・セットとファイル・システムを管理すると同時に,データ・センター内と遠隔地の複数システムでデータを利用できるようにしなければならない。iGridは,既存のストレージ・リソースやアプリケーション・サーバー間に仮想リンクを張り,個別のアプリケーションやデータをシームレスに共有できるようにする。これにより,複数のユーザーによる共同作業および同時作業を向上できる。

 米メディアの報道(TechWeb)によると,iGrid Intelligent Storage Grid Systemは最大8ノードをサポートし,いずれ256ノードに対応する予定。2006年5月に一般向けにリリースする。

[発表資料へ]