PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Mozillaが米国時間4月12日に,オープンソースWebブラウザ「Firefox」の普及促進を目的とするプロモーション・ビデオの公開を開始した。Mozilla社が同日明らかにしたもの。ビデオにはクリエイティブ・コモンズを適用しており,Webサイト「Firefox Flicks」で閲覧できる。

 公開中のビデオは,Mozilla社の広告ビデオ・コンテストに応募された作品。30秒のプロモーション・ビデオを受け付けており,最優秀作品には5000ドル相当のプロ向けビデオ/オーディオ商品券を提供する。応募の締め切りは2006年4月14日。

 これまでFirefoxのプロモーションとしては,ドイツの新聞Allgemeine Zeitungへの全面広告掲載(関連記事),米New York Times紙への2ページにわたる全面広告掲載(関連記事),ショート・ビデオ作成(関連記事)といった活動を展開してきた。

 Firefoxは,Mozilla社のWebサイトから無償でダウンロードできる。これまでのダウンロード回数は,1億6000万回以上という。

[発表資料へ]