PR

 中国のオンライン検索ベンダーBaidu.com(百度)と米Intelの中国子会社Intel Chinaは,中国市場向けのインターネット検索およびアプリケーション開発で協力体制を敷く。Baidu.com社は中国で現地時間4月13日に,両社が了解覚書(Memorandum of Understanding:MOU)に署名したことを明らかにした。

 両社は,ノート・パソコンやデスクトップ・パソコンのほか,携帯電話や家電製品など,デジタル・ホーム環境におけるインターネット検索の利用拡大を目指すとしている。

 Baidu.com社はすでにIntel社のサーバー・プラットフォームを導入している。Baidu.com社の検索システムを同プラットフォームに最適化し,より優れたパフォーマンスと安定した運用の実現を図る。

 「ユーザーはパソコンからだけでなく,携帯電話や家電機器からBaidu.com社の検索サービスにアクセスできるようになる」(Baidu.com社CTOのSaid Jerry Liu氏)

 Intel社バイス・プレジデント兼Digital Enterprise部門ジェネラル・マネージャのThomas M. Kilroy氏は,「Baidu.comは中国で最も利用される検索エンジンで,膨大なユーザー基盤を抱えている。大容量のトラフィックを処理するには,常に高い性能と安定性を提供するサーバー・プラットフォームが求められる」と述べた。

[発表資料へ]