PR

 米CAとカナダCybermationは,CA社によるCybermation社の買収について最終合意に達した。CA社が米国時間4月13日に明らかにしたもの。CA社は買収代金の7500万ドルをすべて現金で支払う。手続きは30日以内に完了する見込み。

 Cybermation社は,ジョブ・スケジューリングに関するソフトウエアとサービスを提供する未公開企業。1982年に設立し,カナダのオンタリオ州マーカムに本社を置く。米国と英国,ドイツに販売拠点を持つ。2005年の売上高は3000万ドルで,損益は黒字という。

 Cybermation社の買収について,CA社は「負荷を自動調整する製品群を拡充し,メインフレームと分散システム間でジョブのスケジューリングと配分を自動化することで,顧客のIT環境を統一,簡素化できる」と説明する。今後CA社はCybermation社の製品をスタンドアロン製品として販売するほか,自社製品に統合して提供するという。

 なおCA社が引用した米IDCの調査結果によると,2010年におけるジョブ・スケジューリング・ソフトウエアの世界市場は17億7000万ドル規模に拡大するという。「当社は2004年に3年連続でジョブ・スケジューリング市場のトップとなり,市場シェア20.2%を獲得した」(CA社)

[発表資料へ]