PR

 米RSA Securityは,2006年第1四半期の決算を米国時間4月17日に発表した。売上高は8750万ドルで,前年同期の7560万ドルから16%増加し,過去最高を記録した。GAAP(会計原則)ベースの純利益は530万ドル(希薄化後の1株あたり利益は7セント)で前年同期の720万ドル(同10セント)から減少した。

 非GAAPベースの純利益は1050万ドル(希薄化後の1株当たり利益は14セント)で,BBレシオ(出荷額に対する受注額の割合)はおよそ1.1だった。

 当期は6000社以上の顧客に製品を出荷し,そのうち約800社が新規顧客だった。「過去最高の売上高に加え,これまでにない受注を獲得し,同社にとっては記念すべき四半期となった」(RSA社社長兼CEOのArt Coviello氏)。

 同社はさらに,2006年第2四半期の業績見通しについても明らかにした。売上高は8800万~9200万ドル,希薄化後の1株当たり利益は,GAAPベースで6~10セント,非GAAPベースで14~16セントの範囲を予測している。

[発表資料へ]