PR

 米comScore Networksは米国時間4月17日,米国の検索エンジン市場に関する3月の調査結果を発表した。同市場における「Google」のシェアは8カ月連続で拡大し,2006年3月の時点で42.7%に達した。2位の「Yahoo!」と3位の「MSN」の順位に変化はなかったが,シェアは前年同月から減少してそれぞれ28%と13.2%となった。

 3月に行なわれたオンラインの検索回数は64億件。前月から10%,前年同月から15%増加した。1カ月間における検索回数の伸びは過去12カ月で最高を記録した。このうち,Googleによる検索件数は2億7000万件だった。また,ツールバーからの検索でもGoogleが48.9%のシェアで首位を獲得。2位はシェア46.5%のYahoo!が続いた。

■2006年3月の米国における検索エンジン別シェア
----------------------------------------------------
検索エンジン別シェア  2005年3月  2006年3月  前年比
                       (%)     (%)   (+/-)
----------------------------------------------------
Google                  36.4       42.7      6.3
Yahoo!                  30.6       28.0     -2.6
MSN                     16.5       13.2     -3.3
Time Warner              8.9        7.6     -1.4
Ask Jeeves               5.5        5.9      0.4
----------------------------------------------------
出典:comScore qSearch

 同調査は家庭,職場,大学においてインターネットに接続するユーザーに対して実施された。

発表資料へ