PR

Google Search Appliance

Google Mini

 米Googleが,大規模組織向け検索アプライアンス「Google Search Appliance」の新モデルを米国時間4月19日に発表した。新機能「Google OneBox for Enterprise」を搭載し,さまざまな業務用アプリケーションのデータ検索を可能にした。

 Google Search Applianceは,ハードウエアと検索ソフトウエアを組み合わせたアプライアンス製品。イントラネットや外部向けWebサイト内のコンテンツをインデックス化して,Google社のサイトで提供されている検索エンジンと同等の検索機能を提供する。

 新モデルは,Microsoft WordやPowerPoint,PDFなど220種類を超えるWindows用ファイルの検索が可能。ディレクトリ・アクセス規格LDAPとシングル・サインオン規格SAMLに対応し,セキュリティと認証機能を拡充した。1台で1秒当たり最大25件のクエリに応答でき,従来モデルに比べて500%高速化した。1台で検索できる文書数は,2倍の最大300万件。

 Google OneBox for Enterpriseは,拡張モジュールを追加することで,さまざまな業務用アプリケーションのデータが可能になる。新モデルを提供するにあたり,米Cisco Systems,カナダCognos,米Employease,米NetSuite,米Oracle,米Salesforce.com,米SAS Instituteといったベンダーが,それぞれ自社製品用の拡張モジュールを用意した。さらに米LTech Consultingと米SADA SystemsがMicrosoft Exchange用の,米BearingPointがSAPおよびPeoplesoft用の,インドPersistent SystemsがLotus Notes用の拡張モジュールを開発した。

 Google社は,Google OneBox for Enterprise用拡張モジュールをWebサイトで無償提供している。同サイトには,拡張モジュール開発に必要なアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)やソフトウエア開発キット(SDK),各種文書などもある。

 またGoogle社は同日,中小規模組織向け検索アプライアンス「Google Mini」の新モデルを発表した。1台で複数のWebサイトを対象とした検索が実行できる。1秒間に応答可能なクエリ数は,従来モデルの25倍に相当する最大25件。5万件から30万件の文書の検索に対応し,SNMPによる遠隔監視が可能。大きさと重さが従来モデルに比べて半減し,「ラックや机の下に入れられる」(Google社)。

 価格は1995ドルから。米国,欧州,日本で販売する。対応言語は,英語,フランス語,イタリア語,ドイツ語,スペイン語,日本語。

[発表資料(Google Search Appliance)]
[発表資料(Google Mini)]