PR

 米国電子協会(AeA)は米国時間4月19日,米ハイテク業界における2005年の雇用動向について調査した結果を発表した。それによると,同業界の就労者数は前年比6万1000人増の560万人となり,過去4年間の減少からプラスに転じた。

 ただし,AeA会長兼CEOのWilliam T. Archey氏は「雇用動向は回復基調にあるが,ハイテク業界の就労者数は前年と比べて1%成長したにすぎない」と指摘する。「高収入のIT就労者が増えるためには,現在直面している市場競争の問題を解決する必要がある」(同氏)。

 分野別にみると,エレクトロニクス製造の就労者数は2005年に3300人増え,ITバブルが崩壊した2000年以降で初めて増加した。同様に,防衛関連エレクトロニクスは6300人,ソフトウエア・サービスは4万3400人,設計/技術サービスは5万7000人の増加。一方,通信サービスは前年と比べて4万2600人減少した。

 その他の主な調査結果は以下のとおり。

  • 2005年における米国のハイテク輸出額は1990億ドルで,前年の1910億ドルから増加している。米国の総輸出額に対する割合は22%
  • 2005年のハイテク業界に対する米国のベンチャ・キャピタル投資額は,前年比5%減少
■2005年の米国ハイテク業界における分野別雇用状況(単位:1人)
------------------------------------------------------------------------------
カテゴリ                 2004年         2005年      増減率         増減数
------------------------------------------------------------------------------
エレクトロニクス製造   1,325,200      1,328,500     +0.3 %         +3,300
通信サービス           1,409,500      1,366,900     -3.0 %        -42,600
ソフトウエア・サービス 1,376,900      1,420,300     +3.1 %        +43,400
設計/技術サービス     1,428,400      1,485,400     +4.0 %        +57,000
合計                  5,540,000      5,601,100     +1.1 %        +61,100
------------------------------------------------------------------------------
注:データは概数
出典:AeA

[発表資料へ]