PR

 清華大学が2006年4月12日に出版した「2006年中国伝媒産業発展報告」によると、中国のブログサービス利用者(ブロガー)数は2005年末で1600万人を突破し、2006年には6000万人を突破する見通しだ。ちなみに日本のブロガー総数は、最新の総務省の発表(4月13日)によると868万人。中国では2005年に、各種メディアがこぞって「Web2.0」というコンセプトやブログを紹介したことがブロガーの急増を後押ししたもようだ。2006年の急増は2005年の「中国博客(ブログの当て字)大衆化元年」の余波といえる。

 中国内で多くのブロガーが集まるサイトは、ブログ専門サイトの「博客網(BOKEE)」「中国博客網(Blogcn)」や、既存のポータルサイト「新浪網(sina.com)」「網易(Netease)」「TOM」などのブログサービスだ。外資系の「MSN Space」などは地元のブログサービスの後塵を拝している状況だ。

 ただし、ユーザーの獲得状況はまさに群雄割拠。2005年末の中国メディアの報道によると、各ブログサービスの登録ユーザー数はブログ専門サイトでは博客網が740万人、中国博客網が400万人以上、ポータルサイト系では網易のブログサービスの「網易部落」は440万人以上、「新浪網」のブログサービスの「新浪博客」は100万人以上。

 中国国内のブログポータルサイトは「博客網」が2002年8月、「中国博客網」が2002年11月に立ち上がったのを皮切りに、次々と新規参入が相次いだ。主要なポータルサイトも続々とブログサービスを開始し、先行組を追走している。

 2006年1月初めにCNNIC(中国互換網絡信息中心、中国インターネットインフォメーションセンター)が発表した「第十七次中国(インターネット)発展状況統計報告」によると、「ネットでよく使用するサービス」について「ブログ」と答えたネット利用者の割合は14.2%だった。2004年7月にCNNICが発表した同様の調査では、同じく「ネットでよく使用するサービス」について、個人が所有するWebページに該当する「個人ホームページスペース(個人主頁空間)」を挙げたのはわずか4.4%だった。ブログの登場によって、個人の情報発信が本格化した様子が分かる。

 筆者の個人的な感覚でも、もともと中国のネットユーザーが主に利用していたサービスはチャットや掲示板が中心で、個人のWebページを持って自ら情報発信することはあまりなかったように思う。ブログを使い、日記を書き、世の中に自分の情報を発信すること自体は、ブログ利用者数千万人の大部分にとって初めての体験となる。この点で、ブログの登場は他のネットサービス以上の意味を中国社会に与えることになるかもしれない。