PR


「2005年世界のアウトソース市場,大規模契約は減少したが引き続き成長」,米Gartner

 米Gartnerは米国時間4月26日,2005年における世界のアウトソース市場に関して調査した結果を発表した。それによれば,単独のサービス・プロバイダに委託する大規模なアウトソース契約は減少している。しかし,複数のプロバイダと契約する企業が増えて市場は引き続き成長する見通しとなっている。また,契約期間は短くなる傾向にあるという。

 同年の10億ドルを超える大規模なアウトソース契約の数は11件。2004年と2003年はそれぞれ12件と16件だった。個別のアウトソース契約の契約金額は引き続き低下する傾向にあるが,契約数は増加しており,同市場は2004年から2009年にかけて年間平均7.3%で拡大するという。2006年にはITアウトソースの件数が5.1%増,ビジネス・プロセス・アウトソースが8.7%増加すると予想している。

 同社リサーチ・ディレクタのKurt Potter氏は「北米と西欧といったアウトソースが成熟した地域は,複数のサービス・プロバイダと契約する選択的なアウトソースに移行している。また,大規模企業はこれまでのアウトソースの経験を通じて,適正価格で適切なベンダーとサービスを選択できるようになったため,大規模契約が減少した」と説明している。

 大規模な契約は,2003~2005年にかけてアウトソース契約金総額の年間半分以上(52%)を占めている。今後,大規模契約が減った場合,1億~9億9000万ドル規模のアウトソース契約の数が増加する。これは,サービス・プロバイダが中規模市場に焦点を当てた結果であり,この市場は大規模契約を獲得していたプロバイダとの新しい競争が展開されるという。

 また,調査により契約期間が短くなっていることも分かった。ITアウトソースの平均契約期間は,2003年の6.2年から2005年は5.3年に短縮されている。ビジネス・プロセス・アウトソース契約も同期間において5.5年から4.8年になっている。

 「アウトソースの10年契約は過去のものになりつつある。エンドユーザー企業は第1世代のアウトソース契約を通じて契約内容がすぐに時代遅れになってしまうことを学んでいる。企業は柔軟性のある短期間の契約を求めている」(同氏)

発表資料へ