PR

 米LANDesk Softwareと米Avocentは,Avocent社によるLANDesk Software社の買収について最終合意に達した。LANDesk Software社が米国時間4月27日に明らかにしたもの。買収規模は4億1600万ドル相当と見込む。手続きは60~75日以内に完了する予定。

 LANDesk Software社は,パソコンやサーバーなど向けの管理ソフトウエアを手がける企業。元々は米Intelのソフトウエア部門Software Products&Services Divisionでデスクトップ管理ソフトウエア「LANDesk」を提供しており,2002年9月に独立した。本社はユタ州ソルトレークシティに置く。

 一方Avocent社は,企業のデータセンターや支社,中小企業などにITインフラを提供する。本社はアラバマ州ハンツビル。

 買収金額の4億1600万ドルのうち,Avocent社は株式と現金をそれぞれ2億ドル分支払い,残りの1600万ドルをオプション引受で対応する。LANDesk Software社の業績が目標に達成した場合は,買収金額を最大6000万ドル上乗せする。買収後,LANDesk Software社はAvocent社の独立した事業部門となり,現在の事業所などで業務を続ける。

[発表資料へ]