PR

 米Unisysが米国時間5月4日に,全世界で米Red Hat傘下の米JBossとの協力関係を強化すると発表した。UnisysはJBossのパートナ制度「JBoss Authorized Service Provider(JASP)」および「JBoss Authorized Training Partner(JATP)」のメンバー企業として,開発用ミドルウエア「JBoss Enterprise Middleware System(JEMS)」の全製品を対象にサービスを展開していく。

 これにより,UnisysはJEMSベースのアプリケーションを開発するユーザーに向けて,サポートやコンサルティング,トレーニングといった各種サービスを提供する。

 対象製品は「JBoss Application Server」「Hibernate」「Apache Tomcat」「JBoss Rules」「JBoss Transactions」「JBoss Portal」などJEMSのすべて。さらに両社は,教育,マーケティング,販売活動でも関係を拡充する。

 JEMSについて,Unisysは「オープンなサービス指向アーキテクチャ(SOA)戦略を開発するにあたり,必要不可欠なビルディング・ブロック」と説明する。「JBossとの関係強化により,当社のサービスで補完する包括的なオープンソースのミドルウエア・スタックを提供し,オープンかつ標準ベースのコンピュータ環境を円滑化するという当社の取り組みを,1歩先に進められる」(Unisys)。

[発表資料へ]