PR

 米Network Appliance(NetApp)は米国時間5月8日,NetAppストレージ・アレイの最上位シリーズ「FAS6000」の提供開始を発表した。同社によれば,同一のアレイ上で数百のNAS,SAN,iSCSIアプリケーションに対応可能となる。

 同日発表された「FAS6030」と「FAS6070」は,それぞれ420Tバイトと500Tバイトまで拡張が可能。モジュラ型の設計により必要に応じて拡張できる。また,新しい管理ソフトウエア「FlexShare」によって動的にデータ・セットの優先順位を変更することにより,一定のパフォーマンスを維持することができるという。

 同社は,データ・センターにおけるストレージ管理を支援するソフトウエアとサービスの拡張も発表した。データの可用性,生産性,ストレージの使用率を向上させる「NetApp Manageability Software」スイートでは,アプリケーション,サーバー,データ,ストレージの管理ツールを追加した。また,NASまたはSAN環境において同社のシステムを迅速に実装するサービス「Rapid Deployment Services for Storage Implementation」と「Premium Support Services」の提供も開始した。

 FAS6030とFAS6070の価格は,1Tバイトの記憶容量でそれぞれ13万1600ドルと19万6225ドルから。同日より同社と同社パートナを通じて提供を開始する。

発表資料へ