PR

 米Datacomm Researchが,インドの無線市場に関する調査結果を米国時間5月8日に発表した。それによると,インドの携帯電話加入者数は2008年までに世界第2位に拡大する見通しだという。

 「インドにおける携帯電話の新規加入者数は1カ月あたり500万人となり,過去1年で3倍以上増加した。加入者総数は2006年4月に日本を超えた。その数は向こう数週間で1億人を突破し,いずれ米国とロシアをも追い抜くだろう」と,調査を担当した米Chetan Sharma Consultingの社長,Chetan Sharma氏は述べる。

 その他の主な調査結果は以下のとおり。

・インドの無線市場が急成長している主因は,政府による市場競争の奨励。

・インドは今後,無線インフラに数十億円が投じられる見通しで,450MHzおよび800MHz帯を活用したサービスに大きなビジネス・チャンスがある。

・インドの消費者は1台40ドルほどの低価格機種を好む傾向がある。しかし今後は,多くの消費者が音楽やゲームのダウンロード機能などにより多くの代価を惜しまず払うようになる。

・インドでは大半の消費者が支払う通話料金は月額10ドルに満たない。手頃な料金のテキスト,音楽,動画の配信サービスによって利益を上げられるチャンスがある。

[発表資料へ]