PR

 ピアツーピア(P2P)ソフトウエアを手がける米BitTorrentは米国時間5月9日に,オンライン動画配信に関して米Warner Bros. Home Entertainment Groupと提携を結んだことを明らかにした。Warner Bros.社は,BitTorrent社のP2Pプラットフォームで動画コンテンツを合法的に配信する「初めての」(BitTorrent社)大手映画会社となる。

 提携のもと,Warner Bros.社はBitTorrent社のファイル交換技術を用いて,映画やテレビ番組のコンテンツをVOD(ビデオ・オン・デマンド)方式とEST(エレクトロニック・セル・スルー)方式で配信する。DVDリリース当日に,「 BitTorrent.com 」サイトを通じて提供する。

 サービスは2006年夏に始める予定で,200作品以上を用意する。「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」「ティム・バートンのコープスブライド」「マトリックス」「狼たちの午後」「ナチュラル・ボーン・キラーズ」などの映画や,「バビロン5」「デュークス・オブ・ハザード」などのテレビ番組が含まれる。

 ちなみに米メディアの報道(CNET News.com)によると,コンテンツの料金は明らかにしていないが,「テレビ番組1話あたり1ドル程度になる見込み」(BitTorrent社社長のAshwin Navin氏)。

[発表資料へ]